ORTHODONTIC PLAN

歯列矯正をして得られるメリット【綺麗になるだけじゃない】

口腔内を健康に

様々なメリットがあります

模型

大阪でも多くの歯科医院があり、様々な治療が提供されていますが、大阪でも美しい歯並び、正しい噛み合わせを得たいと考えている人は多く歯列矯正目的に通院している人も多くなっています。
大阪では総合的な治療を行う歯科医院、矯正専門の歯科医院などで治療が提供されていますので、まずは安心して治療を続けられる歯科医院を見つけておくことがおすすめです。
歯列矯正の治療は長期に及ぶことも多いので、通いやすさはもちろん、治療の技術が高いこと、費用についても安心できる歯科医院を選んでおきましょう。
大阪で歯列矯正を行うメリットは、まずは美しい歯並びを得られる、笑顔に自信を持てるようになることがあげられます。
さらに発音がクリアになる、食事が楽しくなるのも嬉しいところです。
そして、歯並びが悪いままだと歯磨きもしにくく、虫歯や歯周病のリスクも高まってしまいますが、正しい歯並びを得ることで歯磨きがしやすくなり、清潔な状態が保ちやすくなります。
歯垢をしっかり取り除くことで、虫歯、歯周病を防ぐことができ、口腔内の環境も改善されていきます。
そして歯並びの悪さは顎の変形を招いたり、関節に負担をかけてしまうこともありますが、そうした悩みからも解放されますし、歯並び、噛み合わせの悪さが原因で起こる肩こりや頭痛などの全身の不調の改善にも役立ちます。
歯列矯正は長くかかる治療ですが、美容の面、健康の面で様々なメリットがありますので、質の高い治療でしっかりと改善していきたいところです。

治療効果の持続

インプラント

高額な治療費と長い時間をかけてせっかくインプラントで歯を治療するのであれば、治療中からきちんとケアをして治療効果が持続できるようにすることをおすすめします。
インプラント中の口腔ケアはデンタルクリニックで受けるものだけではなく、自分で行うセルフケアも効果的です。
セルフケアと言えば歯磨きが中心になりますが、歯ブラシや歯磨き粉の選び方に加えて歯の磨き方にも注意することをおすすめします。
歯ブラシのサイズは細かいところも磨きやすいように小さめのヘッドを選び、毛の硬さは歯茎に異常がなければふつうを選びます。
歯茎が炎症などを起こしている場合にはできるだけ負担をかけないようにやわらかめの毛の硬さにします。
歯磨き粉の有効成分は、口の状態に合わせて最適なものを選ぶようにします。
例えば歯肉炎や歯周病、口臭を防止するためには塩化ナトリウムやグリチルリチン酸ジカリウム、ビタミンEなどが効果的です。
歯磨き粉に含まれている研磨剤の粒子が大きければ、インプラントと歯茎の間に入って炎症を起こしてしまう可能性があります。
従って粒子が含まれていないものか、含まれていても小さめの粒子であるものを選ぶようにしてください。
また歯磨き粉の量は多くなりすぎないように気をつけ、米粒大に抑えておくことをおすすめします。
歯を磨くときは順番を決めておくと磨き残しの心配がなく、きれいに磨くことができます。
これらの点に注意してインプラントを長持ちさせてください。

骨量と期間で選択を

歯

墨田区でインプラントを受けるとしたら、どのような施術を受けることができるのかを把握しておくとよいでしょう。
墨田区でもすでに多くの方がインプラント治療を受けていますが、一般的には2回外科手術を行う2回法が一般的です。
歯肉を2回切開するため体への負担は大きいものの確実に定着してから人工歯を装着できるため、骨量が少ない方で多くの場合治療が可能です。
1次手術では歯肉を切開し、ドリルでアゴの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでから歯肉で覆います。
2か月から6か月で人工歯根と骨が結合しますから、人工歯根が定着してから歯肉を切開し再び2次手術を行います。
埋め込んだ人工歯根のヘッドに結合部分アバットメントを装着、その上に人口歯冠を取りつければ手術終了です。
墨田区ではこの2回法だけでなく、1回法を行う歯科医院も増えています。
1回法では、1回の手術で人工歯根とアバットメントの両方を埋め込むことで短期間で治療を終えることができます。
1回法には1ピース型と2ピース型がありますが、短期間でできるものの骨量がしっかりないと受けることはできません。
墨田区には、この1回法より短期間で治療を終えることができる抜歯即時埋入法を行うところも多くなってきました。
この抜歯即時埋入法では、抜歯をしてすぐにインプラントと人工骨を埋入するため、抜歯した当日にインプラントの治療を終えることができます。
この方法なら今までより大幅に短い期間でインプラント治療を終えることができますが、骨量が十分にあることと歯周病がないことが条件となります。
墨田区でインプラントを受けるとしたら、骨量から最適な方法を選ぶことが大切です。